京都でサーフィンしたいなら〇〇だけは覚えておこう

京都のサーフィン情報を公開しています!
やっぱり、浜詰のテトラの間のパーフェクトブレイクですね!!
京丹後波情報なども掲載していますので、ご活用ください!!!
サーフィンゲート > 海外国内のサーフトリップ情報 > 京都でサーフィン

小天橋

海底

ローカル

ほぼ居ない

施設

トイレあり。駐車場は狭いです。

所感

京都でサーフィンするときは、最初に波チェックするポイントです。京丹後地方のサーフィンポイントの一番西に位置しているポイントと言えるでしょう。

砂つきに大きく左右される。ただ、あまり良かった記憶が無いんだよね。テイクオフを楽しんで終わり、みたいな。

いいときが少ないので「見ないでもいいか?」と思ってしまうけど、ダメもとで見るべき。いいときを貸し切りなんてこともあるかもよ。

おすすめ記事

こちらの記事は、小天橋サーフィンポイント情報について詳しく解説しています。

快晴の鳥取東浜海岸

葛野

海底

ローカル

ほぼ居ない

施設

トイレあり。駐車場は狭いです。

所感

ここの特徴は、ウネリをさえぎる山が無いためにダイレクト入ってきて、直ぐにぐちゃぐちゃになってしまう。でも、京都で、一番好きなサーフィンポイントだ。

ここのインサイドは、、一番遊べる。なかなか形が整っていて、長い時間サーフィンを楽しむことができる。でも、そういったときは、人が多く、波の取り合いが激しい。だからこそルールをしっかり守り楽しいサーフィンをしたい。

ここでの注意は、カレントが発生しやすいこと。沖に流される心配は無いが、サイドへのカレントは、半端じゃない。くれぐれも注意しよう。場所をキープできなかったら、いったん上がってからゲッティングアウトすると楽ですよ。

おすすめ記事

こちらの記事は、葛野浜サーフィンポイントについて詳しく解説しています。

快晴の鳥取東浜海岸

浜詰

海底

ローカル

そこそこ居る

施設

トイレあり。駐車場は狭いです。

所感

京都に来たら、浜詰か葛野でサーフィンすることが多い。ここもメジャーなポイントで、ウネリが入るとサーファーで大勢やってくる。この前、冬の寒い日にもかかわらず、なんと100人ぐらいいましたね。

ここの特徴は、右側に山があり、北東のうねりを軽減してくれるのか、それとも、沖合いのテトラの影響か、うねりがまとまっていることが多い。

浜詰でサーフィンする時は、以下の点を参照にしましょう。

サイズが、大きくなりすぎたら、右側のテトラとテトラの間で割れる波を頂きます。

あまり大きくない時は、左側のテトラの切れ目付近から割れるライトの波を満喫することができる。

サイズが小さくなり過ぎるとあまり割れなくなるので、葛野や八丁浜に移動しよう。

地形次第ですが、かなりロングライド出来る波もあります。

注意点は、インサイドに遊泳エリアを区分する縄が海中にあり、それで、板を壊すことだ。悲しいかな、経験者は語るです、十分注意しましょう。

おすすめ記事

こちらの記事は、浜詰サーフィンポイントについて詳しく解説しています。

快晴の鳥取東浜海岸

八丁浜

海底

ローカル

そこそこ居る

施設

トイレあり。駐車場は狭いです。

所感

ここの記憶は、ほとんどない。何度かは、入ったイメージがあるが、なんだろう。いい思いをしたことがないからだろう。ただ、八丁は京都で最も有名なサーフィンポイントなので、波がいいときがあると思う。私が体験したことがないからあまり行く機会がないだけ。

でも、携帯サイトでは、いつも、いい感じの評価になっている。どこのことだろ。

波のイメージとしては、ロングボーダーが楽しめる波が多いような気がする。どちらかというとだらだらした波が多い印象。テイクオフは厳しくても、後に続かずダラダラと割れるような。

おすすめ記事

こちらの記事は、八丁浜サーフィンポイントについて詳しく解説しています。

快晴の鳥取東浜海岸
サーフィンゲート > 海外国内のサーフトリップ情報 > 京都でサーフィン